CATEGORY その他の投資:株式/債券/外貨/仮想通貨

サンライフやFTLIFE、AXA香港のような保険会社の保険貯蓄商品の評判は良くない?保険会社が儲かる保険商品よりも社債や劣後債を投資購入し生債券で運用すべき?

社債債券投資で安定的収益を得ているインベスターGです。 社債債券投資の強みが必ず利息が振り込まれるという手堅い部分にあります。 唯一のリスクは発行母体の倒産、破綻です。 今回はこの社債債券投資についてお話しできたらと思い…

カンボジア投資の高金利定期預金が、まさかのマイナス運用に!海外銀行口座開設後のメンテナンスと確認は非常に重要です。

こんにちは。カンボジアの定期預金を解約しましたインベスターG.です。 およそ5年前にカンボジアのプノンペン現地にて銀行2行とマイクロファイナンス1社の口座開設をして、定期預金で利回りを得てきたわけでしたが、この度、解約す…

株式投資や仮想通貨投資の相場で含み益を高値で売り、利益確定させるタイミングを知るには?

こんにちは。株式トレーダーのインベスターG.です。 最近の私はリスクを抑えた投資手法を追及しているため、値上がり益を大きく狙うような株式投資は、もうあまりしていないのですが、以前は随分していた時期がありました。 運やタイ…

ハイリスク仮想通貨に投資するのではなく、ブロックチェーンの仕組みと今後の将来性にリスクを抑えて投資する。

こんにちは。リスクを抑えた仮想通貨投資を考えるインベスターG.です。 最近も派手な値動きが続いている仮想通貨ですが、 コインチェック社の問題や、テザー問題の懸念で、全体的に大きな値下がりが続いています。 今現在で利益を出…

リスクのある仮想通貨。投資のタイミングや方法に関わらず、今後もビットコインやリップルに投資しない理由。

こんにちは。仮想通貨投資をしていないインベスターG.です。 私は仮想通貨投資をしていません。 結構周りからも仮想通貨投資について聞かれるのですが、私自身はやっていません。 同年代の私の友人の中からも、リップルで5億円儲け…

年利9%でローン貸付けをしていた資金が早期返済に。トラストディードインベストメント(Trust Deed Investment)

こんにちは。トラストディードインベストメント投資で高金利を得ているインベスターG.です。 アメリカ不動産の面白いところが、不動産の直接保有以外に、不動産のローンに投資ができます。 これをトラストディードインベストメント(…

140%の利回り保証。インベスターズトラストのS&P500インデックスをオススメしない理由。

こんにちは。香港で保険資産運用をしている、インベスターGです。 私は、過去にフレンズプロビデント2本とスタンダードライフ1本の長期積み立ての保険証券を契約した経験があります。 少し前、新たな運用先を余裕資金振り分けのため…

企業の倒産危機を回避!第三者割当増資と新株引受けで企業を救う。企業再生コンサルティングという仕事。

こんにちは。元企業再生コンサルタントのインベスターG.です。 世の中には上場企業の企業再生という仕事を請負う仕事がある。 文字通り、ボロボロの企業を一流企業に生まれ変わらせる業務だ。 例えば毎年赤字で、借金も多いような企…

一発がデカい高額案件!ビル用地・分譲マンション用地・建売用地の売買

こんにちは。不動産大好きなインベスターG.です。 不動産仲介でより儲けが大きい部分が、法人などの大きな不動産売買。 例えば資金繰りに困っている企業が自社ビルや土地を売りに出すケース。 仮にいくつかの土地権利を、一つにまと…

カンボジアの定期預金は米ドルで5.5%!投資対象として安全なのか考えてみた。

こんにちは。海外で高金利定期預金を組んでいるインベスターG.です。 カンボジアでは米ドル定期預金が5%台ということで、結構カンボジアで定期をやられている方も多いと思います。 私も、カンボジアの定期預金も持っていますが、近…

ロシアのルーブル定期預金は年利9%!高金利定期を組んで1年経過した結果を公開。

こんにちは。海外で高金利定期預金を組んでいるインベスターG.です。 昨年ロシアに渡航して、現地通貨ルーブルにて定期預金を組みました。 当時の表面利率で確か9台%を超えた利率だったかと思います。 それに加え当時は空前絶後?…

資産一億円からの資産運用

こんにちは。個人投資家のインベスターG.です。 資産が大きくなれば、なるほど運用先には困るようになります。 何故ならば、選択肢が増えると同時に、取れるべきリスクが小さくなるためです。 資産が小さなころは、選択肢こそは少な…

ハンサード、フレンズプロビデント、スタンダードライフ。香港長期積立て保険

こんにちは、香港長期積立て投資家のインベスターG.です。 思い返せば、海外投資のきっかけは、香港でのHSBCの口座開設と、オフショア長期積み立て保険でした。 当時は、海外投資といえど出回る情報は限りなく少なく、飛び込みで…